昨日はクリスマス・イブだったけど学校に呼び出された。


昨日はクリスマス・イブだったけど、学校に呼び出されてた。

2学期中盤から学校に行けなくなっていたお姉ちゃんは、後半ギリギリになって頑張って頑張って保健体育の出席日数不足、体育の赤点、の2つの教科を残してなんとかやりきった。

見学だけでは体育は赤点だと以前から警告があったので、昨日の呼び出しはその確認のための形式的なものだとの認識で特に心構えることもなくいたのだけど違った。

担任の先生だけではなくて、

体育の先生がズラリっと学年主任の先生もいらして、総勢5人の先生方対わたしとお姉ちゃん。

会は体育を仕切る先生の一方的なものだった。

とにかく、授業に出てもらわないと成績をつけるわけにはいかない、見学もダメ、

3学期の課題は長距離走で1時間の授業中一周 1.3km のトラックを3周走ることがノルマであること。

1時間内に走れなかった分は早朝来て走ること。トータル30周 39kmを走り切ること。

これは、例えば身体的疾患のある診断書が出ているコでもしていることで、お姉ちゃんも例外ではないのだとのこと。

この条件が大前提で、とにかく休まず、早朝マラソンにも参加して、努力してがんばっていれば、

走りきれなかったとしても考慮しますよということらしい。

仕切りの先生とお姉ちゃんはきのうが初対面だったそう。(マンモス校なので。。

心療内科にかかっていて「体育恐怖症」の診断書を提出しているお姉ちゃんんに、

あなたは人前で運動が出来ないとのことだけど、そ・ん・な・こ・と・な・い・よ・ね?

は、、、はい。。

あなた見た目全然普通だもの。

人が怖いコってのはもっと警戒しているもので、「俺の何かを探ろうとしているな!」と見るからに挙動がおかしいものなの。

あなたは、まっすぐわたしのこと見ているじゃないの。

ねぇ。あなた、体・育・出・来・る・よ・ね?

は、、、はい。。

なにが出来ないのかしら?

体育全般です。。

全般って言われたらそこで話が終わっちゃうの!わたしがこの話をしている意図は、あなたができることを見つけて取り組んでいこうという趣旨なの!わかる?(強い口調)

は、、はい。。

ボールなら出来るかな?走るのはどうかしら?(赤ちゃんに話すように)

は、、はい。。できま。。。す。。

こんな感じで、先生が話す。お姉ちゃんがはいって言う。な感じに話はすすみ、

最後に担任の先生からなにかありますか?ってなって担任の先生は、わたしを介するより、直接お互いに話してもらった方がいい。

という趣旨のことをおっしゃって。なるほど担任の先生は仲介役だったのだなと理解した。

—-

男の先生もいて、「見ての通りこんなふうに柄の悪い感じでやってます。」なんてニコリともせず言うもんだから、「はい。。」って答えたら、

「お宅のほうが柄が悪いってんだよ」的なことを言われて、

あまりに想定外すぎて返事出来なかったというか、やっぱり言ってないかも?いや言ったの?幻聴だっのかな。

もしかしたらすごい怒られちゃう会だったのかな今日は。。

だとしたら、わたしはぼーっとしていて、そういう険悪な空気に気付かなかったんだなーと。

それは鈍感で良くないことだけど、でも良かったわぁ。

荒々しいモードでの話し合いなんてスキルがなさすぎだし、ここに来るまでの心労がすごかったと思うから。

テレビで責められる猪瀬都知事みてがわいそうにぃって涙浮かべてる場合じゃあなかったか。わたしだってのね。

まぁさぁ、出席日数ギリギリで来るなんてずるいし、確かに柄悪いよね。やってることがさ。先生からみたらさ。

こっちは学校通わせるのも命がけで必死で、ズルなつもりなんてないのだけども、

悪いことしちゃう人って、自分で悪いことしたってこれっぽっちも思っていないものなのよ。

たいていの場合はね。

わたしたち親子もワルよのぅ。ヤクザよのう。うふふ。いやわらえない。

—-

お母さんから何かありますか?って言われたから、

本人は今はやる気でいるけど、でもきっとまたこれは朝起きれないパターン

(お姉ちゃんの場合、というか多くの不登校のコの場合授業に出る以前にここから戦いが始まるのだけど)

になるかもしれないので。。。そしたらもう一度話し合いを。。と言いかけたら、

仕切りの先生に遮られて、

お母さん!どうして出来ないことを考えるの!だからダメなの!

前向きに!このコの可能性を信じて!的なことを言われて

確かにその通りで、わたしがこんなだからダメなのかもしれません。はい。

とにかく、がんばりますので宜しくお願いします。ということで終了した。

—-

45分程度の話しが終わって先生が出て行ってから、お姉ちゃんは泣いた。

—-

ダメージでかかったなぁ。

世間の厳しさを思い知ったなぁ。

親からしてみると、この子が不登校になって家から出られなくなって気づいたら20年引きこもっちゃいましたー!

てのが恐ろしくてならないわけだけども、(超絶ネガティブ思考w

先生のお仕事って、

何百何千もいる生徒を、しかも思春期のたいていの特に女の子たちなんてマラソンなんてしたくないったらないのを、言い聞かせて厳しくしてやらせるってのなんだもん。

基本対人厳しくしてなくちゃだしさ、そんな先生の環境からみたら、

嘘つきサボりやろうなんてかまってらんないし、そんなコは辞めてもらうしかないもんねー。てな感じなんだろうなぁ。

他人に迷惑だけは掛けたくないなぁと思ってい生きているし心がけているけれど、おもいっきり迷惑を掛けているんだよね。今。すすすみません。

—-

3学期になってこの現実を知るだなんてさ、

担任の先生はずいぶん優しく接してくれてたんだなわたしたち親子とー。とも思った。

近くの公園の、芝生山(10m級)にがんばって登ったら、次は富士山でーす(3000m級)って言われた感じ。。

んでもさ、先生もおっしゃってたけど、

もしも、もしもだよ。それをやり切ることが出来たらもんのすごいすごい成長すんだろうなお姉ちゃんはって、

母さん感動の号泣、ごっごうごー。って泣いちゃうだろうなーって思ったよ。

—-
心の病気ってやっぱり理解されないことが多い。

お姉ちゃんが本当にそうなのか違うのかわかんないよ?

でもさ、本当に病気の人にも同じように、これが世間で、これが現実だよね。

さぞ辛かろうね。。


それから美術棟に行き美術の先生と話して、(お姉ちゃんは美術コース)

同じ先生とは思えぬほどの思いやりと優しさで、

泣いてしまいそうになったよ。お母さんが泣くわけにはいかないので鼻水と一緒に飲んだけど。

お姉ちゃんは、美術で生きていける才能を持っているって、わたしたち(美術の先生たち)そう見極めているって
はっきり仰ってくださって、まだ間に合うって言うから、

だから、学校を辞める気になれない。
お姉ちゃんもたぶん。

自転車も盗まれちゃてさんざんなクリスマスなんだけど、

がんばって早く帰ってきてくれたお父さんが何度もローストチキンうまいね!うまいね!って言ってくれて。

ありがとうありがとう。ほんと癒やしだわと思った。

お姉ちゃんもまた作って!って言って、そしたらお父さんが来年ね!って言って、

来年もクリスマスにまたうまいうまい!って言ってくれるんかなて思ったらダメージがだいぶ回復したんだよ。

Ichi 25683

Ichi 25592

Ichi 25677

Ichi 25686

Ichi 25687

Ichi 25680

Ichi 25725

チワワそりに出かけたいちにいでした。

いちにい劇場(続く)

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
ランキングに参加していますポチッっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

お手数ですがこちらにもポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

あわせて読みたい

facebook

Comments:
  • べるっちママ

    大変なクリスマス・イヴでしたね・・・。体育の先生はダメでも、お姉ちゃんの頑張ってる姿を見ている先生(美術の先生とか)生徒はいますよ。きっと他にもたくさん。
    先生・・(っていっても結局は人だと思うんですが)、いろんな生徒もいるから、そういう対応なのでしょうけど、お姉ちゃんとお母さんなら、素敵なご家族だって、すぐわかりますよ!!(柄なんかちっとも悪くないっての!)
    でも、ピンチがチャンスになるといいですね。
    お姉ちゃん、実はすごく強いお姉ちゃんなのではないですか?今の頑張りってなかなかできないですよ。美術の先生たちの力もお借りしてなんとか乗り越えられるといいですね。
    才能があるんですもの、大丈夫!!
    お姉ちゃんにとって3学期が安心して過ごせるように来年はお賽銭奮発しますね♥(と、うちの娘ちゃんもいっしょに・・・です♥)

    2:16 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      励ましてくださってありがとうございます。元気出ます。
      そうそう他の生徒ががんばってるの見てたら、ぎりぎりにしか来ないずるいコに甘くなんて出来ないですよね。わたしが先生だって同じ対応だと思います。
      ただ先生はこの子はダメな子!で終了だけど、親って一生付き合っていくからそうもいかない。親ってなんというか。。言葉に出来ないアレな感じというか。

      8:32 PM | 2013年12月25日
  • メロンのかーさん

    つらいね・・・。お姉ちゃんもどれだけ傷ついたことかと思うと胸が痛みます。
    やっぱり先生も自分達の立場しか考えてないのかなー。
    お母さんもきっと先生達の迫力に圧倒されて何も言えなかったんでしょう。気の毒に・・・。
    後日、冷静に対応できるであろう、お父さんに入ってもらって先生方と話し合った方が良いと思います。
    (言い方悪いけど)相当言い返せる人でないと、女性はやっぱり舐められますし。
    そんな先生達の中でも・・・美術の先生の言葉、救われますね。
    この先生だけでもお姉ちゃんの心の支えになってくれることを祈りたいです。

    2:29 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      お父さんは冷静に対応して交渉するスキルもあると思うけど、
      学校がやれって言ったことが出来ないなら卒業出来なくてあたりまえ
      って考えなのでしかたないかなーと思います。
      ほんと美術やるには良い環境なのでやめたら勿体無いなー。
      美術の先生をがっかりさせないようにがんばって欲しいですねー。

      7:04 PM | 2013年12月26日
      • メロンのかーさん

        そっかぁ・・・。お父さんがそういう考え方なら仕方ないですね・・・。
        なんかもう一方的に先生達に攻撃されて、お母さんが何も反論も出来ないまま終わってしまった会のように思えたので、お父さんの出番だわ!って勝手に思っちゃって・・・。すみません。
        お姉ちゃんがまた更に体育に対して恐怖感を抱くようにならなかったか心配でした。
        ああ、私なら大阪のおばちゃんパワーで「そんな言い方ないんちゃいますの!」なんて反論してやったのに。て、思っちゃったよ。プンスカ。
        美術の先生だけでも優しい目で見てもらえてるって救いですよね。
        お姉ちゃん、大丈夫かな?ほんと代わりにおばちゃん、校庭何週でも走ってあげたいです。

        7:49 PM | 2013年12月26日
        • ichiかあさん

          中国人のお友達がいて、日本人ってのは優しくて言いたいこと言わないからそんなのダメ!って言われました。大阪のお姉さんのことは知らないのかな笑
          でも、わたしが強く言えないせいでお姉ちゃんが退学とかなったら責任感じちゃいそうだなー。助けてメロンのかーさん!!笑
          お姉ちゃんはどうなんだろう。もう体育出れないかもね。いや、出れる!と今は信じてますよー。
          わたしも校庭走りたい、女子高生にまじって一緒に走りましょう!笑

          7:58 PM | 2013年12月26日
  • KEN

    お疲れ様でしたm(__)m
    二人ともかなり心身ともに疲れたことと思います。
    お休み中はゆっくりして回復できるといいのですが・・・
    体育の先生方の応対ですが・・・
    いい方に取れば「お姉ちゃんは出来る」という暗示をかけると同時にやる気を出させようとする叱激励にも取れますが、悪く取れば自分たちの保身しか考えてない高圧的な態度とも・・・。
    美術の先生がフォローしてくれなければやる気どころか学校へ行きたくない動機付けにもなってしまう可能性もあったと思います。
    それを考えるとお姉ちゃんが苦手な教科の先生と得意な教科の先生との間に何かしらの話し合いがあったのかもしれませんね。
    もしそれがあったとしたら、先生方もお姉ちゃんの将来を真剣に考えてくれてるのだと思います。
    そう信じたいですね。
    まだ心配なこともあると思いますが、お姉ちゃんの才能が開花する日を信じてます。

    5:34 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      体育の先生は高圧的ではあったなと思います。
      苦手教科な先生と得意教科の先生との間の話し合いはなかったです。
      なぜならお姉ちゃんが美術の先生に会うとは思っていなかっただろうから。。
      体育の先生はやらせるのが仕事だと思うので、
      まぁ、仕方ないですよね。。。
      出来ないこちらが悪いんですよね。。

      7:07 PM | 2013年12月26日
  • ichi母さんも、もちろんお姉ちゃんも、お疲れさまでした。
    先生方に囲まれちゃう会、想像しただけで恐ろしいのに、
    そんな会話、というか話が進行したんですね。
    前向きに!とかわからないでもないけど、熱血だけじゃうまく行かないことだってあると思います・・。
    もう先生とは関わることのない生活を送っていますが、
    先生だって単なる人だから、サラリーマンの仕事の仕方に性格が出るように、
    先生の指導や考えだって違いが出ますよね。すべてが正しいわけじゃない。
    でも美術の先生がお姉ちゃんのことをちゃんと見て、話をしてくれているのは
    お姉ちゃんにとっても救いですね。
    優しいお父さんに、ケーキだって作っちゃう素敵主婦のichi母さん、才能いっぱいのお姉ちゃんに、かわいいかわいい2頭のチワワン。どこからどう見たって、柄のいい(?)素敵なご家族ですよ☆

    8:44 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      そうそうサラリーマンと変わらないですよね。
      普通の人間。
      よく先生の立場にたったところを想像してみて、
      先生の気持ちを理解してみようとトライしてみたりしてます。
      やっぱり自分の仕事邪魔されるのは嫌だろうし、
      生徒全員がかわいいわけでもないだろうし。。
      先生だからって特別な期待をしたりするのはきっと間違いなのかなーと思ったりしてます。
      コメントありがとうごあざいます。元気でます。

      7:10 PM | 2013年12月26日
  • サト

    初めて書き込みします。
    いちちゃん&にいちゃんファンで、毎度拝見させて頂いております。
    私、その昔、退学の危機にありましたが、母の辞めないでオーラが半端なく、退学せずにすみました。
    結婚して、子供産んで、公務員にもなれて、牛柄チワワのそらと、幸せに暮らしています。
    母の見守ってますよオーラは、子供の心に良くも悪くも刺さります。
    うちは幸せになってます。必ず幸せが来ます。今を乗り越えられる日が必ず来ます。

    8:57 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      コメントありがとうございます。とっても嬉しいです。
      サトさんのような方のお話を聞くと、あぁお姉ちゃんもどうかそうなってほしいと思うし、希望がわきます。
      そうそう、わたしが諦めたら、お姉ちゃんも自分の意志に関係なく諦めると思うので、わたしは最後まで諦めないでいたいと思います。お姉ちゃんが夢を諦めるまでは。。

      7:13 PM | 2013年12月26日
  • べるっちママ

    ごめんなさいです(>_<)私言葉足らず・・・でしたね。
    お姉ちゃんの頑張っているところを分かってる先生、お友達もいるんじゃないかなぁ・・・って言いたかったんです。
    だって、毎日頑張ってるお姉ちゃんはすごいし、えらいし、そういうのわかってるのが先生って思いたいです。
    お母さん誤解させて、ごめんなさい。お母さんもお姉ちゃんも、とてもとても素敵で本当にいいお母さんですよ。お姉ちゃんもホントにいい子ですよ。
    美術の先生がお姉ちゃんの支えになって、心配ごとが早くなくなりますように・・・。
    皆さんのコメントも優しくて、これも、いち母さん、お父さん、お姉ちゃんがすてきだからかなぁ・・。
    いちちゃん、にいちゃんの癒しパワーで来年は良い年になりますようにお祈りしてますね。

    9:52 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      むむむっ、誤解してないですよー。わたしが言葉足らずでしたねー。
      お姉ちゃんは、親のわたしからみてもサボりぐせか??って思うこともあります。笑
      だから例えば、サボってるんでしょって言われても、やっぱりそうみえるぅ??
      甘やかし過ぎかねーわたし?って思うし。。笑
      優しい優しい思いやりあふれるコメント感謝です。ありがとうございます♪

      7:18 PM | 2013年12月26日
  • ゆい

    いつも拝見しておりますが、初コメです。
    最近は、お姉ちゃんのご様子が大変そうですが、わんちゃん含めてご家族はお元気ですか??

    学校の先生というものは、閉鎖された空間で働いているので、普通の社会人と少し感覚が違うと思います。(何が普通か、は別として)
    私の子供の頃も、子供心に変わってる人だなって先生いました。
    なので、先生の言うことは話半分(3割くらい?)で聞き流されるのが良いかと思います。
    もちろん進級の話は大事ですが・・・

    ただ、私はいちかあさんがすごいと思いました。
    お辛い状況なのに、先生の立場も考えられてるのが、心が広いなって。
    いちかあさんみたいな母親を持つお姉ちゃんは、本当にお幸せだと思いますよ!

    9:54 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      変わってる先生っていましたよね。むふふ。
      特別な環境で何十年も働いているんだろうし、わたしなんかには想像も及ばないことあるだろうし、確かに普通ってなんだかわかんないですけど、母親の立場からは理解が難しいこともありますよね。先生の立場はわかるけど、この際モンペとかになって、
      なんでもいいから進級させてよゴルァーって言えばいんだよ。
      って妹からアドバイスされたけど、
      そういうことも必要なのかなーとか考えたり。

      7:21 PM | 2013年12月26日
  • かな吉

    しんどい話ですね。なんでおねえちゃんが体育に、参加できないのか?そこを考えた方がいいんじゃ。もし、得意な事を伸ばした方がいいならば走るのを強要するのはどうなんだろ。矛盾してませんかね、学校の先生。って私なら思っちゃうとおもいます。社会に出たらもっと辛い時もありますが、嬉しい事もあります。辛い事を乗り越える訓練だって思ったらちょっとは楽になれませんか?悔しい気持ちを胸に戦うしかないと思います。大丈夫、今の状態が一生は続かないと思います。負けないでください。

    10:52 PM | 2013年12月25日
    • ichiかあさん

      生徒ひとりひとりの得意なことを伸ばすなんて、
      そんなこと学校に望むのは贅沢で、
      大勢の生徒を管理してカリキュラム通りやらせるってのが先生のまずはやるべきことだと思ってるんじゃないですかね。。
      お姉ちゃんは悔しいって泣いてたけど、そういう思いもして、苦しいけどがんばって、やりきって、達成出来たらいや達成出来なくても、挑戦したことに意味はある。
      って思うしかないですよね。
      もし、心が壊れたら、この試みは失敗になっちゃうのかもしれないけど。。

      7:54 PM | 2013年12月26日
  • 高1息子

    ichiかあさん
    お姉ちゃん大丈夫?
    我が子が試練と闘ってるときって、母親って思わず「今までの自分の行いが悪かった?」なんて考えてしまいませんか?
    私はそうです。
    高一息子、がんばって勉強していましたが、結果は・・・・
    点数自体は少し底上げされた感がありますが、結局、赤点を回避する事は出来ませんでした。
    前回、前々回の点数が悪すぎるため。
    それに比べたら、お姉ちゃんは体育だけが赤点なのですよね。凄いよね。
    勉強に関してはクリアー出来てるんだもんね。
    うちは体育が出来て勉強が出来ない。
    180度逆ですね(涙・汗・笑)

    私、思うんですよね。
    私の遺伝子が悪いから息子が勉強出来ないんだって。
    私の子どもに産まれてこなかったら良かった?

    お母ちゃんて辛いですね。

    でも、そんなお馬鹿な母ですが、ichiかあさんとお姉ちゃんのがんばりにはいつも助けられています。

    4:38 PM | 2013年12月26日
    • ichiかあさん

      >「今までの自分の行いが悪かった?」なんて考えてしまいませんか?
      激しく思います笑
      >私の遺伝子が悪いから。。。
      激しく思います笑
      >私の子どもに産まれてこなかったら良かった?
      激しく思います笑

      コメントまるでわたしが書いたかと思うほど、同じ気持です。
      同じ気持の人がいるのってなんか救われます。
      世の母とはそんなものなんですかね。
      まだ3学期があるからまだわかりませんよ。
      お母さんが諦めたらそれがきっと息子さんに伝わるから。
      わたしも先生に30km走れって言われたときに、あぁ無理だって心の中で思ったけど、
      がんばって打ち消しました。
      お互いがんばりましょー。まだ終わってないもん。

      7:48 PM | 2013年12月26日
  • ナナたんママ

    ichiかあさん こんにちは。

    娘さんの通ってらっしゃる高校、我が家の息子も候補にあがっていました。
    (内容からその学校だとわかります)
    諸事情で受験はしませんでしたが。
    友人のお子さんが、コースは違いますが通学していました。
    でもichiかあさんの場合と同じような状況で呼び出され、一方的に責められたようです。

    教師にも色々な人間がいますよね。
    単に生活の為にお金を稼ぐ人。
    熱い志を持って生徒と接している人。
    気持ちはそうでも、立場上まわりに合わせないといけない事情があるのかも知れません。
    同じ学校の教師でも本当に様々ですね。
    でも、思春期の一番大切な時期の子どもを預かっているという認識は持って欲しいと思います。
    美術の先生が理解のある方のようでホッとしますが、体育教師の考えがそれでは
    解決にはなりませんよねー。

    娘さんにとっての救いは、お家ですね。
    外がどんなに辛くても、みんなが待ってる「暖かい居場所」があるのですから。

    10:55 AM | 2013年12月27日
    • ichiかあさん

      お友達のお子さんが通ってらしたんですね。
      なるほど校風なのかもしれませんね。
      生徒たちが明るく挨拶してくれて
      いくたび素敵な学校だと思うけど、
      それなりに素敵な中身じゃないと卒業出来ないってことですかね。。笑
      卒業生も立派な人いっぱいいますよね。
      衆議院議員までいてすごーい。とか思いました笑
      先生になる人も多いみたいで教育実習生がてんこもりみたいだし。。。
      ちなみに担任の先生も卒業生です。
      あれ、なんか諦めモードのレスになっているな。
      いや、お姉ちゃんもがんばって行けるに違いないです!笑
      私立めぐりしてたときに、
      うちの学校は、退学が少ないんですよーってのを売りにしているところがあって、
      そこにしとけば卒業は出来たかな。。と、
      あれ、また諦めモードになってしまった笑
      情報ありがたいです。
      なんかお姉ちゃんが相当嫌われてんのか、わたしの態度が悪かったのか、
      とかネガティブになっていたので、救われました。

      5:38 PM | 2013年12月27日
  • 華母

    よく拝見してますが初コメです。
    うちにもチワワいます。次女は高校生です。
    うちも受験や部活などでいろいろ挫折や問題ありました。なんとか頑張って学校行ってます。
    すごく感心してるのがおかあさんが客観的に冷静というかすごいです。
    感情的にならずにしっかり周りが見えてる。
    そんなおかあさんがついてるからお姉ちゃんは大丈夫だと思えます。
    自信もってくださいね^^

    11:38 PM | 2013年12月27日
    • ichiかあさん

      初めまして。コメントとっても嬉しいです。
      褒めてもらうのって嬉しいものですね。自信がもりもり湧いてきます。ってそんな単純ではないけど。
      表面化しなくても(不登校という形で)みんな頑張っているんですよね。
      うちの子だけ特別だからマラソンしなくていいとかってことじゃないなーと改めて思います。。
      冷静、ではないですね。涙鼻水と一緒に飲み込んでますから。
      私自身ずっと働いていたから、母親も辛いけどサラリーマンの辛いのよねーっという思いがあるので、
      そういう意味で少しは客観的に見れているところもあるのかもしれませんね。。
      辛かったリーウーマン時代、少しはやくにたっているのかな。笑

      8:01 AM | 2013年12月28日
  • ライまま

    はっきり言って、先生の知識不足です!
    先生方は、分からないから、お姉ちゃんに持論のポジティブ思考で攻撃してるだけです。
    私なら、今の世の中、そんな珍しい病気でもないのに、その程度の認識で、我が子を苦しめないで!って叫んでましたね(笑)
    簡単にいうと、適応障害みたいなもので、その範囲が体育って狭いので、体育教師の筋肉脳ミソには、理解しがたいのでしょうね。
    特に体育って、単位ノルマがあるから、強気に言ってくるのかもしれませんが、脳ミソの病気をノルマなんかで悪化させて責任とれますか?っての!!
    お姉ちゃんのサボリは、自責の念に囚われてる本人の精一杯のジョークなので、まだ、のっかる位で流してあげてください。
    イチ母さんも、信じる、諦めるとか、自責しすぎです。
    それなら、モンペになるくらい、お姉ちゃんを守ってあげてください。いつまでも、どんなでも、味方!!ずーっとファンよ!な気持ちでいてください。
    病識を深めれば、武器にも、防具にも、薬にもなって、生きやすくなるとおもいます。

    2:18 AM | 2013年12月29日
    • ichiかあさん

      人は基本自分の得になるように行動するもので、
      その流れに逆らって行動するのには動機が必要で、
      その動機とは、例えば先生が、お姉ちゃんへの愛であふれていたら、
      お姉ちゃんのことを考えた最良の最善を考えてくださるのだと思うけど、
      そうではないのはこの間学校に行って目で見て心で感じてよーくわかったので、

      「都合」ってたぶん、
      先生にも、他の生徒さんにも、学校にも、それぞれあると思うから、
      お姉ちゃんの「都合」に合わせてもらうには
      自分の現状を理解してもらうスキルみたいのを身につける必要があるのかなとは感じました。
      真剣に問題に取り組んでいるんだということをわかってもらうスキルというか。

      このままでは、社会に出たら厳しい。。って思ってたけど、
      高校ってとっくに「社会」だと感じましたよ。

      諦めたわけではないし、自分が一生守ってあげることはやめない(というか母親の本能でやめられない)のだけど、
      こないだの学校では、現実を思い知ったというか、みんな(特に先生)の「都合」を強く意識しました。

      ライままさんが、こんなに想いを感じるコメントをくださったこと、
      ほんとうにありがたくウルウルしてしまいます。

      わたしが感じてることは以上のようなものなので、
      ごのやろぅー。っていう、怒りが湧いてこず、
      モンペになるぐらいの主張が出来そうにない自分が悲しいです。

      まだ諦めてないけど。。

      自分の都合にとって理不尽なこともあるのが社会だっていう勉強になったと思います。
      自分を殺して、それに(したたかに)従うことができた時、卒業証書を手に出来るんだよということを学ぶんだと思います。

      それができなかった時、高校中退して挫折を味わって、
      自分の思う「正義」を貫く代償の大きさを知るのかなとか。

      まぁ、お姉ちゃんの場合、主義主張ではなくて弱さが問題なのだけど。。

      ってこれは、病気云々を考慮しない意見だけども。
      社会は、病気だろうがそうでなかそうが考慮してくれないですからね。
      あるかもしれないけど、今回の試練は、「考慮なし」で挑むことを宣告されたわけですから。

      ほんとうに心のこもったコメントありがとうございます。
      いろいろ考えるきっかけをもらえて嬉しいです。

      8:37 AM | 2013年12月29日
    • ichiかあさん

      どうしてこうなったのかほんとこっちが知りたいよ!ですね。笑

      毎回同じ逃げ方はしない。。
      ってわたし考えたこともありませんでした。
      「逃げる」ことにも学習って出来るんですね。
      向上心があって素敵です。

      >ジムに行って、トレーニングマシンでデータを提出

      似たようなことを提案してみたんですけど、
      ダメみたいでした。
      時間内でやる!だそうです。

      冬休みにもう一度熟考してみたいと思います。

      コメントは一応非表示にしました。
      いろいろ参考になりますありがとうございます^_^

      8:51 PM | 2013年12月30日
  • イッシー

    はじめまして、社会人の娘大学生の息子チワワの女の子を持つ母です。大変なクリスマスでしたね、少し落ち着かれましたか?体育の先生ってどこの学校でも威圧的な感じがしますよね。お嬢さんはさぞかし怖かったでしょう。目に見えないものはなかなか理解してもらえないですよね。子供のころ体育の授業でトラウマになるようなことがあったのでしょうか。ただ客観的みて5人もの先生方が忙しい時期に時間を割いてるのは、真剣にどうにかしてあげたいと思ってるからだと思いますよ。まだ高1ですしね。言い方はキツかったもしれませんが。妥協案も考えていらっしゃったし、今の高校の制度では限度なのでしょう。担任の先生が言われようにこれを乗り越えたらきっと強く成長出来ると思います。早朝のマラソンは大変だと思いますが、自分の未来の為美術の為乗り越えて欲しいです。大丈夫、多かれ少なかれみんな何か抱えているものですよ。子供のことって自分のことより辛いですよね。

    1:10 AM | 2013年12月30日
    • ichiかあさん

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      とっても嬉しいです。
      そうですね5人の先生の1時間って時給にしたらどんだけ!笑
      そうそう今の高校の制度では限界ということもあるのでしょう。
      いろいろいろいろ、仕方なくて、
      お姉ちゃんが走れば万事解決で、今は走ってくれることを願ってます。
      みんな何かを抱えてる。そうですよね。
      ほんとうに、そうだよね。そうだよね。って何度も読みましたコメント。
      ありがとうございます。

      10:08 PM | 2014年1月2日
  • スゥ

    クリスマス前にとんだことで、さぞお疲れのことと思います。
    私はおとうさんが教育委員会に行って、今回の出来事を相談するべきだと思いました。
    けしてモンペ的な発想ではなくて、だれが聞いたってこんなの「教師主導のつるし上げ大会」じゃないですか!!
    みんなと同じことができないと単位あげられないっていう学校のシステムはわかります。
    もちろん、選択肢として美術専門学校(予備校的なところや高校卒業資格は得られないスクール)も
    あるとは思います…
    でも、今頑張ろうとしているおねえちゃんの志を挫くようなことを教師がしてもいいんでしょうか。

    できるわよね?は、優しさでもなんでもなく、パワーハラスメントと同じです。
    できるわよね?のあとに続く言葉は、できなければやめなさいよと同じなんです。
    マンモス高校だと一人ひとりに構えない、中学校のように義務教育でもないので
    行き届いたケアはできないのも実情だとわかりますが。
    今回の件は指導でもなんでもないのは明らかです!!

    私の同級生、小学校からずーっと一緒に持ち上がってきた友人ですが
    中学校ぐらいまではなんとか先生やクラスメイトがケアして登校できていたものの
    高校生になってみんなばらばらに進学して独りになったとたん、
    入学1ヶ月で不登校→夏休み前に退学→その後引き篭もりで20数年…
    今では誰の電話にも出ないし、顔も見せてくれなくなりました…
    ちなみにそこのお母さんはまめまめしくて明るくて社交的でとても可愛らしいお母さんです。
    お父さんはちょっぴり頑固だけど子供は大事!っていうお父さんです。
    兄弟も元気で明るくて友達や部活の先輩後輩に大切にされる人柄です。
    でも、友人は引き篭もっちゃったんですよ。
    今となっては無理やり引きずり出したほうがよかったのか、
    現状でこころの安寧がはかれているほうがよかったのかは誰にもわからないですが…
    ひとつだけ言えるのは、親のせいでも教師のせいでも環境のせいでもないんですよね。
    だから、いちかあさんのせいってわけでは絶対ないので、そこは考えない方向で!!

    主治医から診断書ではなく「意見書」を書いてもらうことってできませんか?
    診断書はあくまで現在罹患している病名を医師の名の下に証明するみたいな感じですが、
    意見書っていうのは、こういう病気だからこういったケアが必要だと認められる!っていう
    診断書よりは強制力みたいなのあると思うんですよ。(素人考えだけど…)
    たとえばなんですけど(ちょっとたとえが違ってて申し訳ないですが)
    私、ちょっと身体的な障害が出てしまって介護保険の適用が必要なのですが
    私の年齢+障害の重症度によって使えない場合が多いんです。
    が、主治医が意見書を書いてくれるとのことで、これだと認められる可能性が高いんですよ。
    おねえちゃんの場合も、診断書ではなく意見書として書いてもらって
    それを教育委員会に持ち込むっていうのもひとつの手かなと思いました。
    学校に持ち込むと握りつぶされかねないので!!

    美術の先生が美術で食べていけるとおっしゃってくださるほど、
    才能にあふれているおねえちゃん。
    このまま潰してしまうのは本当にもったいないです!!
    何かひとつ、やりとおせたらそれが自信につながるといいなと思います。
    おねえちゃんの試練、もう少し軽くなってくれるのを私も願っております!

    11:36 PM | 2014年1月1日
    • ichiかあさん

      引きこもりで20年。。
      それは親としては一番悲しいです。
      スゥさんの個人的な事情まで書いてくださってほんとありがたいコメントです。
      ほんとうに体育だけが出来ないのなら、
      先生の対応も違うのかな。。と思います。
      わたしもスゥさんのアドバイス通り「意見書」を教育委員会にでもどこでも送っちゃうのだけど、
      実は、部活にも出れないこと、他にもコミュニケーション英語がダメだのいろいろ言っていること、
      意見書が通ったとして、そこで今度は、英語が出来ないので。。。とかは言えないですよね。
      お姉ちゃんの場合その可能性があります。
      美術の才能の為に学校に通ってるんだから!
      とか言いつつ部活動出れていないんですよね。
      (お姉ちゃんは美術コースなので、部活(美術部)に出ることは通常とは違う感覚で必須なところがあります)

      わたしの意見というよりお父さんの意見なのだけど、
      今の状態で学校を卒業出来たとしても、それじゃ社会に出てから通用しない。
      一緒に働くひとに迷惑を掛けてしまう。

      とりあえずの事情を説明して、それで学校がヤレって言ったことが出来ないのなら退学でも仕方ない。
      のだと言ってます。

      母親としては、そりゃ何が何でもとりあえず卒業証書と思うところもあります。
      だけど。。お父さんの意見も真っ当だと思うし。。

      うまく表現、説明出来ないけど、そんな感じに思っています。
      スゥさんはほんとにありがとうございます。
      親身になってくれて。

      10:02 PM | 2014年1月2日
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

     | HOME |