今日は不登校ブログ。暗いの嫌いな人見ない方向で。


ワンコブログじゃないです。ワンコ目的のかたはスルーで願います。すみません(・_・)

今日は不登校ブログ。

3学期2日め、

学校行かない。

学校の先生は単位ギリギリで通うなんてズルいみたいなニュアンスだったけど、

この朝の戦い。マラソンするよりおそらく辛い朝の戦いを、先生は想像も出来ないんだろうなー。

2時間目から行く。3時間目から行く。午後から行く。。

「その話前も聞いたし!わかってるし!」

わたしの言葉は1ミクロンもお姉ちゃんに届かず。

1時限毎に消耗を繰り返し、結局行かなくて。。

その後部屋から出てこなくてそれ以降ヒトコトも話さなかった。

険悪なムードの◯山家に、夜遅くお父さんが仕事から帰ってきて、

お父さんがいつも言うのは、

今の学校がダメだったら全寮制のそういう子専門の学校に入れて、

親から離れて厳しい環境で鍛えてもらうしかない。ってので。。

適応障害も治してくれて、少しはあるかもしれないなまけごころも治してくれて、勉強も教えてくれるなんてそんな都合の良い施設ないよ。

病気の治療ってそれもう病院だし!

ってわたしが言って、もっと真剣に探せばあるよ!ってお父さんが言って。。

お父さんの胃が痛くなって、わたしも悲しくなって。。

疲れ果てて眠って。。

そして今日、1,2時間目は今学期初めての体育。

深夜にお姉ちゃんからLINEが届いていた。(家の中でもよくLINEで話しかけてくる。

今日の体育は休む、今後準備体操はがんばってやる。(お姉ちゃんは準備体操も出来ずに苦しんでる状態

だからマラソンはなんとか歩くので勘弁しくださいって先生に言ってくれないか。

前に先生がそれで良いって言ってたもん。って内容

あぁ。。胃がぎゅぅーってなって。

お姉ちゃんの部屋に行く。まだ朝の5時であたりは暗い。

ちょっと話そうか。。って話しかけると意外にも起きていて「うん」って返事。

寝れなかったのかな。

————–

クリスマスイブの日、先生に呼び出されて話したこと。

↓過去記事
「昨日はクリスマス・イブだったけど学校に呼び出された。

あの会の先生が言ったことの要点ってひとことにまとめるとなんだと思う?

あんたの病気を認めないとか、マラソン絶対走れとか、見学は許さんとか、さもなくば進級させないとかそういうことじゃないよ?

「お姉ちゃん本人のやる気を見せてくれ」

ということだよね。わかる?

いまの先生の立場では、あんたがどれほどの病気だとしても、

前向きに取り組んる姿勢ってのが見えないとどうにも評価してあげられないんだよ。

あの威圧的な会。。わたしも泣きそうになったあの会。

誰にも言わなかったけど、正直に明かすと

担任なのになんのフォローもしてくれないの!なんだっての!なんだっての!

デキる子だけ相手にしてたらいいっての!デキない子は切り捨てるっての!なんだっての!なんだっての!(思い込み

体育の先生なんて筋肉脳なんじゃないの。なんだっての!なんだっての!(ものすごい偏見

ばーかばーかばーか(ものすごい幼稚

って何度も心の中で悪態ついてた笑

それなのに今朝、お姉ちゃんに説明しながら自分でもストンと納得出来た。

先生の言ってたこと。

ねぇお姉ちゃん。

今日は休みます。次回からは出るけど、歩くだけで良いですか?

ってそんなの通ると思う??

しかも本人からじゃなくて母親が電話して言うの。

今までそういうやり方してうまくいかなかったじゃない?

やり方を変える必要があるんじゃない?

まず授業に出ること。

自分で先生に交渉すること。

先生に話しかけづらいとかそれは、診断書を提出してお姉ちゃんが体育を休める「正当な理由」と思っている「体育恐怖症」ではないよね?

交渉に応じてくれなかったとしても、

自分が言ったこと(授業に出る、準備体操をする、時間ない走れないけど歩き続ける)を実行すること。

をやっておいでって言った。

30km走らないと進級出来ないとか、診断書があるから進級出来るとか。

そいういう事実や数字だけでこの世は動いてるんじゃない。

全ては人の心次第ですよ!

とか根回し上手のサラリーマンみたいなアドバイスして。

(これに関してお姉ちゃんは否定してたケド。)

体育を休んで3時間目から出席するより、

体育だけ出てやり遂げて帰ってくるほうが全然いい!

とにかく先生との信頼関係を築くんだよ!

「がんばります!」って宣言したあとの最初の授業で先生を失望させた後の交渉より、

まずやるべきことをやった後の交渉とでどちらが有利に働くを思うよっての。

って言ったら、

じゃぁ体育だけ出る。

とか言って、用意しだした。

びっくりした。

わたしの話がお姉ちゃんを動かすなんてー。

学校に行けない。人との関係が苦手。

いろんな問題がある子だけど、

頭は良いと思う。親ばかだけど。

だからちゃんと話せばわかるし、お姉ちゃんが納得すればそのように行動するんだ。

そのためにも、わたしがバーカバーカとか感情的思考で幼稚なこと言ってたらダメなんだねー。

学校に行って、体育に出て、

それで偉かったね!

ってなるわけじゃないのはわかってる。

早退ってなんだよ!歩きってなんだよ!ってなるかもしれない。

世間は厳しいもんね。

だけど、今日がんばったことは意味のあることだとわたしは思うんだよ。

前に、子供のいない友人に

「早くに子供産んどいて優越感ってかんじ?」

って言われたことあるけど、親ってそんな楽しいばかりじゃないよ。と言いたい。

もうやめたいと思ったりもするんだよ。だけど一生絶対に逃げられないんだよ。

ひんしゅくかいそうなこと書いちゃったけどこれが真実。

明日は癒しのチワワにいの誕生日♪

ケーキ買いに行ってこよう。

Ichi 25949

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
ランキングに参加していますポチッっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

お手数ですがこちらにもポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

あわせて読みたい

facebook

Comments:
  • りんちゃんまま

    書いたり、人に話したりすることで、ストンと納得できる事、ありますよね。おかあさんがひとまず落ち着いてこられたようで、よかったです。
    現実と正論は並列しないけど、正論も大切だと思います。
    お聞きしたいことひとつ。登校にこだわるのは「学歴」ですか?専門学校とか大検の選択肢はおありではないのでしょうか。
    あとひとつ。大学に行っても、体育ってありますよ。そのあたり、どう考えておられるのかなって・・・。ちょっと思いましたので、初めましてで失礼かと思いましたが、コメントさせていただきました。ご不快でしたら削除くださいね。

    1:40 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      初めまして
      不快だなんてとんでもないです。
      コメントしづらい記事なのにコメント頂けて嬉しいです。
      投稿にこだわるのは学歴。。
      うーん。なんだろう、
      親として一番悲しいのは学校に行かなくなってそのまま引きこもり20年みたいなことになるというシナリオです。

      今やめたらそうなりそうな気配もあります。
      そうなるならなるで、最後に頑張ること(今日学校に行ったことも含め)には、意味がある気がしています。
      わたしは、もう行かない辞めるとお姉ちゃんが決めるまでは、応援しようと思っています。

      お姉ちゃんとしては、美術で生きたいみたいなのが希望で、
      それに関しては、「誰にも負けたくない」そうです。
      今の学校は、お姉ちゃんの目指している大学に進学した子が多いし、卒業生が教えてに来てくれるそうです。
      先生にもこのまま行けば、その希望の大学に行ける可能性が高いと言われたということもあるし、
      ここにいれば夢へ進めるみたいに感じているからかな。

      もちろん予備校からその大学目指したり、高卒認定受けたりとか方法はあるけれど、
      そこには本人の強い意志が必要ですよね。ハードルが上がるというか。。
      そこからの希望の大学にすすむイメージがお姉ちゃんの中にはまだないみたいです。

      同じ学校を目指す子がすぐとなりに居ることの刺激ってモチベーション保つのには重要と思うし。。

      2年生になったら美術の授業ばかりになるので、それを希望にがんばると言っています。

      それから体育について、芸術大学にも体育ってあるの!ってコメント頂いてびっくりしました。
      この無知っぷりにびっくりされるかもですが、
      美術の道なんて今までの自分に縁がなさすぎて無知すぎて親としていろいろ調べて勉強しないといけませんね。

      お姉ちゃんに聞いてみると、カリキュラムにはそんなのなかったって言ってたのですが、
      調べてみると、どうやらありそうですね。
      資料が難しすぎてぱっと見ではよくわからないけど、
      選択科目の中にありました。選択科目だから選択しなきゃいんじゃない?
      とも読めるけど、
      4年間のあいだに選択科目12単位は取らなきゃいけないみたいで。
      体育を選択しないと12単位をクリア出来ないの?
      とか、教職免許目指してないなら平気?とか、
      どうにもありそうな予感もしてきます。

      でもまぁ、記事に書いたような状態です。
      大学に行くためには、
      高校生活あと2年と1学期分の体育をこなすことがまず先にあるわけです。
      正直今日学校に行くと言うまでは、
      もう、退学かなと。。思ってたような現状でしたから。。
      それをクリア出来たときには、
      4年の中のうちの2単位ってそんな問題になっていないぐらいになっていそうですね。

      答えになっているでしょうか。。

      2:45 PM | 2014年1月10日
  • メロンのかーさん

    うー・・・読んでて苦しくて切なくて、何とも言えない気持ちになっちゃったよ。
    もう、お母さんの近所に住んでたら「ちょっと飲みに行こ!」って連れ出してあげたいくらいです。
    お姉ちゃん、中学の時は体育の授業は問題なく出れてたのかな?
    もし出れてたのなら、今の体育の先生にも問題あるんじゃ・・・、って思ったりする。
    これから30キロ走ることが出来るなら、とっくに体育の授業なんか出てるっちゅーねん!プンスカ=3
    誰か「走るの付き合おうか?」って言ってくれる友達がお姉ちゃんの前に現れてくれないかな。
    昔、単位足りない「ちょいワル」のみーちゃんに泣きつかれて、付き合ってグラウンド走ったの思い出したよ。一人で走るの嫌やぁぁああああ、とか言われて。
    先生の愚痴言いながら制服で。(笑)革靴どろどろになったよ。
    何とか・・・お姉ちゃん、少しでも前進してほしいです。
    祈ることしかできないけど、元気出してね。お母さん!

    4:00 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      革靴ドロドロとか笑った(^-^)
      メロンのかーさんさんいまからのみいこー!
      って、わたしも友達が欲しくなった。リアル友達が。近所に居ないー( ´・_・`)
      中学のときから体育はNGでした。体育祭もマラソン大会も。。
      今日は走ったみたいですよ。少し。。やれば出来るって体育出れそうとか言ってたよ。

      6:53 PM | 2014年1月10日
      • メロンのかーさん

        ええっ!本当ですか!!!すごいじゃないですか!
        よしよし~~~~!よく頑張ったねぇ。
        恐怖感少しずつ克服できそうかな?
        お友達も応援してくれたんだね。まだまだ捨てたもんじゃないね。
        ほんと、飲みましょ、乾杯しましょ♪
        私も近所には犬友さんしかいないよ~。同級生みんな遠くに住んでるし。
        メロンが来て、嫌でも引きこもり主婦から抜け出さざるをえなくなりました(笑)

        8:18 PM | 2014年1月10日
  • 小春母

    こんにちは。お姉ちゃんは学校から帰ってきましたか?頑張って体育できたかな?お母さんのストンってなる気持ちわかります~先生に対して心の中で悪態ついて”ちぃっ!”なんて思ったりしてたなのに子供を納得させようと話してて”あ~先生はこう思ったのね~”みたいな…心の中で先生ごめんねって思ったり(笑)中学校って義務教育だからある程度わがまま許されるけど高校は義務教育ではないからその辺が…やる気になるのかな。高校の体育は残り2年と1学期で何時間くらいあるんですか?2年なれば専門教科が多くなる?のであれば体育も少なくなるのでは?お姉ちゃんには頑張って欲しい。頑張れーーーって応援してます。
    ichiかあさんの頑張りは痛いほどわかってるつもり…想像以上に大変だと思う。こういうのってなった人にしかわからない苦悩ってありますよね。でも、ichiかあさんは素直に向き合っていて素晴らしいと思う。お姉ちゃんはichiかあさんの子供に生まれてよかった♪って思う日がきっときますよ。
    うまいコメント書けなくてごめんなさい。私も頑張ります!!

    にいちゃんの誕生日プレゼントは?薔薇?どんなケーキかな?楽しみです。

    4:42 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      がんばって体育に出て2km走って(歩いて?)先生や友達に声援送ってもらって、清々しい顔で帰ってきました。キセキかっ!ての。今日だけかもだけど、それでもなんかすごい嬉しかったです。先生も生徒さんも大好きだーってころっと変わるわたしって。。
      体育は週3時間3年間ずっとあります。美術の授業が圧倒的に増えるみたいです。
      お互いがんばりましょー

      6:57 PM | 2014年1月10日
      • 小春母

        良かった、良かった♪ 山あり谷ありで次はわからない…でも、ひとつひとつを乗り越えましょうって自分にも言い聞かせてます(^_^;)この3連休ゆっくりできそうですね。

        7:54 PM | 2014年1月10日
  • りんちゃんまま

    丁寧なお返事有難うございます。ホントはコノヤローなんも知らんくせしてからに~ごるー。って思ってらっしゃるかな・・。憎まれついでに・・私は美大卒ですが、芸術系でも音楽系でも大学なら、基礎教育課程に体育も英語も国語もありますよ。芸術系は、自分の方向にフィットする先生がおられる学校をたくさん見に行って、じっくりさがしてくださいね。人間の子供二人とチワワ一人の母よりの想いです。

    5:49 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      りんちゃんままさんのお陰でいろいろな方から現在の大学の体育について教えてもらえました。ありがとうございます(^-^)
      親が無知だと危険ですね。ブログやってて良かったです。いろいろアドバイスくださる方がいて。。ほんと皆さんありがとうございます。勉強しないと!

      9:47 AM | 2014年1月11日
  • いっちん

    Ichiかあさんのブログでお姉ちゃんの話が載る度に我が家の次男坊の高校時代が蘇ります。
    ヌオ~ガオガオ~
    ドスバス! ガチャガチャバッコーン(/^^)/⌒●~*
    オラオラ!オラオラ(* ̄◇)=3
    って暴れられたらスッキリするんだけどね(笑)
    頑張れとは言いません。だってお姉ちゃんもお母さんもギリギリ頑張ってきてるもん
    ただ諦めないでね。投げ出しそうになったりしちゃうけどきっとお姉ちゃんの歩み道が見つかるはずだから(うちがそうだったから~)
    私で良ければメールで愚痴ってくれていいですよ!

    にい姫 お誕生日おめでとう!レディの誕生ですね♪
    赤い薔薇をチュウチュウしてるのかな(笑)

    5:51 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      投げ出しそうになりますね。確かに。もういいよ!って。。
      そして暴れたいです。んがー。んがー。ごのー。ってね笑
      そして冷静な娘に、感情的になってない?それって大人気ないよね。とか言われてさらにんがーってなるっていうね笑
      愚痴って良いだなんてすっごい優しいです。
      女性同士ですよね。やっぱり!お父さんはぜーったい悪口とか言わないし、いつだっておだやかなので、愚痴れないw
      いや愚痴ってるけど、そうするとお父さんの胃がシクシクしちゃうっていうね。笑

      9:51 AM | 2014年1月11日
  • tenko

    ichiかあさんのブログ&fecebook大好きで読ませて頂いてます。
    いち&にいさん達の劇場にはいつも癒されてほっこりしてます。
    お姉ちゃんのことは、ほんとに同じような気持ちになって胸が締め付けられる
    そんな気持ちで読ませて頂いてます。
    ただただ・・・・お姉ちゃんは、大丈夫!!今はちょっと心が折れちゃってるかもだけど
    このままずっと続くとは思えない。何の根拠もないけど・・・
    このお母さんとお父さん、いち&にいさんの家族に囲まれていれば絶対
    乗り越えられると思うんです。
    今回ichiかあさんが言ったように、目の前のハードルを1つ1つ乗り越えるように
    まず努力してみるプロセスが大切なんだと思います。
    私は、走るのが嫌でマラソンの時スタートはしても途中で木陰に隠れて
    終わる頃にさも走ってましたよって顔してハァハァ言いながら、ゴールするような
    タイプだけど、走るのが嫌だから最初から走らないって言う方がカッコイイよ。
    ちょっと違うのかも知れないけど、要領よく生きようと思えばいくらでも
    出来るけど、お姉ちゃんみたいに心のまま真っ直ぐに生きる方がカッコイイけど
    辛いよね。
    支離滅裂なこと書いてしまってゴメンナサイ。でも、私はichiファミリー(ichiファミリーなのかな?)
    ichiかあさんのブログ大好きです。

    6:45 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      大好きだなんてほんと嬉しいです。木陰に隠れるとかさすがです!わたしも部活で学校の周り走ってたとき、裏では友達とアリンコほじくって遊んでました。
      んで校門ではハァハァ言ったりしてね。
      お姉ちゃんは不器用ですね。カッコイイのかな。たぶんお姉ちゃんの親歴16年だからかもしれないけど、もちょっと要領よくやって欲しいって思います。
      そして周りの人に愛されて欲しい。嘘でもいいから。って言うと、
      お父さんは激オコになります。
      お姉ちゃんの不器用なとこを愛してるようなので、
      そして上辺の甘え上手な女子が嫌で、そんなふうになってほしくないそうです。

      9:55 AM | 2014年1月11日
  • じゅんじゅん

    こんばんは

    8:47 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      おはようございます!(^-^)

      9:55 AM | 2014年1月11日
  • KEN

    お姉ちゃん、頑張って階段を一つ登れたみたいですね。
    お母さんの話で自分でも思っていたことを確認できたのではないでしょうか。

    お姉ちゃんが必死で頑張ろうとしている姿を先生方がきちんと評価してくれることを願います。
    簡単には見て欲しくないです。
    本人の中での決意の大きさをしっかり見てやって欲しいです。
    そうすればお姉ちゃんもきっとやり遂げることができるんじゃないかと思います。
    にぃチャンのお誕生日パーティーで少しでもお姉ちゃんの気持ちが安らいでくれるといいですね。

    10:02 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      そうですね。体育の先生だから(また偏見w
      よーし来れたな!次は全力で走る!
      腕立て100回!とかなったら、また厳しいですね。
      ってどんな偏見。失礼きわまりないですね。
      先生すんません!

      9:58 AM | 2014年1月11日
  • あみん

    こんばんは。
    ↑コメントの返信も読ませて頂きました。お姉ちゃん、頑張りましたね。すごい前進ですね!

    不要な情報かも知れませんが、お父さんが仰っているのは、日生学園とかのことでしょうか。
    不登校の子どもの転校を随時受け入れていて、メンタル面のサポートも手厚いようですね。
    ただ、そういう環境に入れることが本当に子どものためになるのかどうかは、判断が難しいですよね・・・。

    11:29 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      おぉ。。
      前に高校卒業認定試験のサポート校の先生と話した時に、
      その日生学園?に入れられて、帰って来ちゃったコたちが、うちの学校にたくさん来ているって言ってました。心が折れるコが多いとか。。
      でも、合う子もいるし合わない子もいますよね。親から初めて離れてクラスというだけで厳しい環境なのですから。お姉ちゃんにとってはどうなのか。。
      そう判断が難しいところですよね。。

      10:02 AM | 2014年1月11日
  • あおい

    おかあさん、ご無沙汰しています。遅ればせながら明けましておめでとうございます。
    そして、いちちゃん、にいちゃん、お誕生日おめでとうございます!

    昨年の記事からしばらく、拝見はしていましたがコメントができずにいました。
    おかあさんもお姉ちゃんももう十分頑張っているし、これ以上どんな助言が出来るだろうと・・・
    「もういいよ」って、肩を抱いてあげたいです。
    今日体育の授業に出られた、それは大きな一歩だと思います。
    私が今日、ひとつ思ったのは、体育の授業が苦手でもかまわない、
    大切な成長期のお姉ちゃんが、身体を動かすことは楽しい、と少しでも感じてくれればいいな、ということです。
    スポーツが好きでなくても、お日様の下でたまに汗をかくことは、基礎体力をつくるためにも大切だと思います。
    将来、どんなお仕事についたとしても、まずは身体が資本。
    バリバリしごかれる必要なんて全くないけれど、たとえばお休みの日におかあさんとバドミントンをしたりなんてどうでしょう?
    私は、大学は文学部ですが、一般教養で普通に体育はありました。
    種目を選べるシステムだったので、バレーボールとテニスとゴルフを選択して、もう全然下手くそだったけれど、楽しい一年を過ごしました(ちなみに娘は工学部出身ですが、やはり体育は経験しました)。
    みんなで笑いながら身体を動かす楽しさが大学の体育にはあったので、そんな雰囲気をお姉ちゃんにもいつか体験して欲しい・・・
    たいして運動神経もないオバちゃんが、今日ふと思ったことです。

    皆さんがおっしゃるように、八方塞がりのような時期は永遠に続くものではないと思います。
    一歩を踏み出したお姉ちゃんの行く先に、輝かしい未来が待っていますように・・・

    11:37 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      あけましておめでとうございます。
      ほんとからだ動かさなすぎで不健康すぎなんです。
      昔はバトミントン一緒にやってたし、休日にはやりたがってたんですよ。小学生のときだけど。
      今は何を誘っても絶対に来ない。。
      犬の散歩がせいぜいです。
      わたしより早死しそうです。。
      道歩いていて信号が変わりそうだから走ったら、お姉ちゃんにすんごい怒られました。
      走るぐらいなら信号待とうよ!って。
      きのう体育で2kmほど歩いて、こころなしか清々しい表情で帰ってきたんです。
      やっぱり運動は必要だって強く思いました。
      体育の先生の言ってることって間違ってないんですよね。ほんと。

      10:22 AM | 2014年1月11日
  • ナナたんママ

    ichiかあさん こんばんは!

    「もうやめたいと思ったりもするんだよ。だけど一生絶対に逃げられないんだよ」

    凄くよくわかります。
    うちの子どもはもう少し大きいですが、今だってそう思いますよ(汗)
    その年齢なりの悩みってありますからね。
    むしろ小さい頃よりも内容は深刻になりますしね。

    親としての義務の最終形態は「自立させること」だと思いますが
    そのためには、時には鬼にならなければいけない時もあるのですよねぇ、、、。

    11:45 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      そうそうそうなんです!自立させること。
      お父さんがいつも言ってます。
      最終目的はそこでしょって。。
      これからそうですね。内容が深刻になるんですね。。
      やめたいと思うのは自分だけじゃないのかとホッとします。

      10:05 AM | 2014年1月11日
  • はしこ☆

    うちの姉も幼い頃から絵が得意で、漫画が大好きで漫画家になりたいという夢を持っていました。

    頭もそこそこ良く、いつも美術の成績はパーフェクト!そこそこ頭の良い高校にも通い予備校通いながら二浪してやっとの思いで美大に受かりました。

    ただ、流石に二浪が決定した時はショックのあまり何カ月も失踪したこともりありました。。

    そして、やっとの事で二浪までして受かった美大では、本来希望していた科には受からず染色科という、漫画家になるには必要ではないような科にしか受からず、親と学校をやめるやめないでよく衝突しながら、どうにかこうにか卒業していました。

    卒業してからは、こだわりが強い性格と漫画家という狭き世界、漫画家は途中諦めたにしても美術関係の特殊な仕事の狭き門、大学卒業しても就職先がなく、地元の古着屋で働く日々、、何とかCMの絵コンテを描く会社に就職することができても、1年くらいで会社が倒産。。

    その後、何とかゲーム会社に中途で採用されるが、正社員になりたくてもなかなかなれず、4~5年は契約社員で働いてました。
    ゲーム会社ではキャラクターを作成でき、漫画家にはなれなくても近い職業にはやっとつけたと思います。

    今は正社員になれ、そこで出会った人と結婚もでき平和に暮らしています。

    ただ、姉の強いこだわりは、パソコンなどに頼らず、自分の腕でしっかりと絵を描きたいという想いは薄れず、会社には秘密でペンネームを使いイラストレーターも掛け持ちでやってるそうです。

    ここでは書ききれないくらい、うちの姉が歩んできた道は波乱すぎるかもわからないですが、美術関係は本当に難しい世界だと思います。

    そして、そういう世界を選ぶ人達もこだわりが良い意味でも悪い意味でも強く、自分が想い描くような理想に近ずくまでには、立ちはだかる壁が多いと思います。。

    でも、はっきりとした目標があるから、何度だって乗り越え強く生きていけるとも思います。

    今、すごく生き生きと仕事してますよ!

    こんな風に理想と現実はなかなかうまくいかない事ばかり、ただ逃げたくなる事も多いけど、目標をしっかりもっているなら、きっと体育恐怖症を克服できますよ! 

    だって、それをクリアしないと理想の将来から遠のくは分かってるし、克服したとしても体育恐怖症なんかよりももっとこれから大変な世界ですよ、乗り越えようよ!

    別にそういう世界の人間じゃなくても、想定外の壁や困難なことはいっぱいあるし、乗り越えれたら、良いことは少なからずあるし、人間成長する!

    友達はいっぱいて恵まれてるし、乗り越えられないことはないですよ☆

    まだまだこれから!

    娘ちゃんの強い想い、夢を応援しています。。

    11:48 PM | 2014年1月10日
    • ichiかあさん

      お姉さん波瀾万丈人生ですねー。すごい。。
      そうそうやりたいことがある。お姉ちゃんの場合はそれはもうきっと、3歳の時には決まっていて、それってすごい幸せなことで、その為に試練を乗り越えて少しずつ成長して行って、その過程こそが重要なんじゃないかと今は思います。
      美術の世界って厳しいですよね。
      わたしが働いてた会社にも契約社員で美大卒の子が居たけれど事務として安い時給で働いていました。単純作業だけ任されて。
      いっぱい勉強したり学費もたっぷり掛かって才能もあるだろう彼女。
      悪い言い方だけどコスパワルすぎだよ美大!!って思ってました。
      でもお姉ちゃんには、それをさせてあげたい。
      結果、コンビニアルバイトとか佐川仕分け(佐川さんすみません)
      とか全然稼げなくても、美術とは関係なくてもバイトでも全然いいと思ってます。
      わたしの娘に生まれてきたコへの特典だよ!って感じで、美大に憧れるなら美大に行かせてあげたいんですよね。
      美大に行かせてあげたいという具体的なことでなく、「美術の道にすすむわたし」「美術の専門家のわたし」みたいに思わせてあげたいというか。。
      それは今もそうで、「◯◯高校の美術コースでまなぶわたし」ってプライドがあると思うんですよね。辛いけど幸せみたいな状態。
      お父さんは薬剤師がいいよ!とか言ってるんですけどね。w

      10:18 AM | 2014年1月11日
  • chocolate

    おはようございます。

    私はおねえちゃんが羨ましいです。
    親にこんなに想ってもらえたり、愛されたり…したら、
    私ももう少し違う自分になれた気がします。
    逃げたいときに逃げられない臆病な人間です。
    子供の時も辛くても心をボロボロにしながら頑張るしかなかった。

    いちかあさんとご主人が真っ直ぐにおねえちゃんを想う気持ちが、きっと必ず届く日が来ると信じています。
    今もちょっとずつは絶対届いてる!!
    私も思春期の娘と戦ってます。
    笑ったり、怒ったり、泣いたりしながら、頑張ります。

    8:38 AM | 2014年1月11日
    • ichiかあさん

      わたしもおなじように、
      愛されてない、あっ想ってもらってないという言い方ですね。そっちがわの娘でしたよー。
      だからお気持ちわかります。

      それからお姉ちゃんのことそんなに愛してるわけでもないです。
      愛してるぜーとか想ったことあるかな??かわいいとは思うけど。あれっ問題発言かな???w
      いや愛してるとか言ったら気持ちワルがられるし大丈夫(^-^)

      たぶんチワワのが、溺愛とか親ばかでアホだねって言われても、そうなのーぅ。にまにまーってなるぐらいです。
      大好きー大好きーって毎日ぎゅうぎゅう抱きしめてます。

      お姉ちゃんに関してはただ母親の本能で、せずにはいられないことを毎日続けてるだけだと思う。
      この本能てのが厄介すぎてたまらんです。
      もう気に掛けたくない、心配したくないのに、
      心配でたまらなくて、いろいろやらずにはいられなくて。
      くたくたになっても本能がまだ、お姉ちゃんを追いかけていくというか。

      親ってたまらんですね!お互いがんばりましょう(^-^)

      10:29 AM | 2014年1月11日
  • くりーむママ

    こんにちは。お久しぶりです。
    お姉ちゃん、頑張ってますね♪
    それ以上にいち母さんも。自分が格闘していた時期を思い出します。
    出口が見えなくて、終わりがわからなくて。
    今、社会人になった長男を当時はどうにも出来なくて。でも、諦めなかった自信だけは今もあります。
    だから、いち母さん頑張っているから、必ずいつか頑張って良かったと思う日が来ます。
    追伸 にいちゃん、お誕生日おめでとうございます!
    偶然、うちのくりーむはにいちゃんと同じ誕生日に6歳になりました。
    島忠でケーキ買わなきゃ(゜ロ゜;
    お祝いしてなかった(*_*)

    1:55 PM | 2014年1月13日
    • ichiかあさん

      子育てってほんと楽しいだけじゃないですよね。
      もう投げ出したいけど、それも出来ない。
      このジリジリした時間、寿命が縮まってる感がすごいなー。
      誕生日おんなじなんですね♪6歳おめでとうございます♪♪

      10:17 AM | 2014年1月14日
  • ライまま

    お姉ちゃんのタイミングが、間に合ってよかった!
    人間って、タイミングがあって、同じ言葉でも、聞こえるときと、聞こえないときがあって、本人のタイミングなので、周りからは、何回も言ったよとか、私も、よく言われます(笑)
    迷子になってるときは、おとうさんみたいに、こっちにおいで、待ってるからより、あれ?どーしたの?って、迎えに来てくれないと、何も見えないときがあります。
    頑張ってるお姉ちゃんも、偉いけど、お姉ちゃんに必要で聞こえる言葉で話せたichiかあさんも、偉いです。
    人間って、必要な言葉しか耳に入らない。
    人は、コントロールできないから、モヤモヤしてしまうけど、少し力をぬくと、ずれてたタイミングがあったりしますよね。
    学校社会とは、少しずれてしまったお姉ちゃんのタイミング。
    今回は、合ってよかった!
    確かに、運動って脳にいいんですよね。
    スポーツは苦手だけど、ジムのエアロビとかヨガとか、凄く気持ちがいいし、楽しい。
    それも、やっぱり、タイミングで、今だから楽しくて、昔なら、ナニソレ??なかんじだったし。
    あぁ、上手くつたえられないけど、タイミングってあるんですよ。

    11:23 PM | 2014年1月13日
    • ichiかあさん

      タイミングってすごく大切ですよね。
      わたしは本との出会いにそれをすごく感じます。
      素晴らしい本も、今それを聞く、受け入れる準備ができてないとつまらない本になったりするし。。
      タイミングが会うと一生の出会いお宝本になったりするし。。
      それとおんなじですよね。

      10:20 AM | 2014年1月14日
  • チョロ

    おはようございます。
    いちかあさんのブログの一行一行「うん、うん、そうそう…」ってうなずきながら読んでいます。こうゆうこと共有⁈出来る友達いないですから〜当たり前ですが^_^;
    朝起きれないパターンはほんと一緒!我が家は30分ごとだったり…ほんとなら引きずり起こしたい衝動にかられながらすがすがしく⁈さら〜って起こすっていう~_~;
    力ずくで起きて行けるくらいならまだ軽症、不登校の子供にはそれは意味がないですしね。
    そんな中、いちかあさんの話に納得して体育をやりに登校できたなんて、前向きな第一歩じゃないですか!えらい!すごい!ほんとに…これがどんなにすごいことかって不登校の母はめっちゃ知ってます。
    我が娘も気持ちにまだまだ波があり、ほんとに一歩進んで五歩下がりです。二歩下がるだけならまだしも五歩下がるものだからまた次に進む戦いが大変で…正直「何回くりかえせばいいじゃい!」と思いながら「ここで私が先に投げ出してはいかん、いかん」と思い直しどうにかこうにかです。
    いちちゃん、にいちゃんお誕生日おめでとうございます

    9:08 AM | 2014年1月14日
    • ichiかあさん

      うん。そうそう。わたしも今頷きながら読んでますw
      我が家は今日は5歩下がった状態で、今まさにお姉ちゃんの屁理屈を聞かされてたところ。そしてお姉ちゃんはリビングでうなだれてます。もう逃げたい逃げたい逃げたい。と思う気持ちをぐっと堪えてるところ。不登校ってなんであるんだろう。昔からあったんですよね。なんでいま多いのかな。こんなに空は青いのに。家事も溜まってる。仕事も溜まってる。休憩したい。逃げたしたい。愚痴レスすみません。。

      10:15 AM | 2014年1月14日
      • チョロ

        夜までご機嫌で…次の朝またどんより〜ってあります、あります。だから朝が来るのが怖かったりします。毎朝「今日はどうだろうか…」って思うしT^T。普通の人が聞いたら、どんだけ自分の子に気を使ってるの?そんなんだからダメなのよ!って言われちゃいそうですがそうなんですもの…
        いちかあさんのブログにコメントさせてもらうことによって私も自分ストレスを書いて解消させてもらってるんだわぁ〜きっと。ありがとうございます^ ^。

        3:27 PM | 2014年1月14日
        • ichiかあさん

          >どんだけ自分の子に気を使ってるの?そんなんだからダメなのよ!って言われちゃいそう
          今それ言われて帰ってきたところです。
          お互いストレス解消し合いましょう!こんな場があってわたしは幸せです。
          チョロさんありがとう(^-^)

          5:18 PM | 2014年1月14日
          • チョロ

            やっぱりその立場にならないとわからないですよね…わからなくて当然、だけどだけど…T^Tです。いちかあさんがどの場でそのようなこと言われたかはわかりませんが、学校や、その他…藁をもすがる思いで足を運び、内臓出そうになりながら、毎回5歳くらい老けそうになりながら…この苦しみいちかあさんと話せて私も救われてます。
            ゆっくり休めないとは思いますがゆっくり休んでくださいね^ ^

            8:00 PM | 2014年1月14日
  • チョロ

    いや〜ん、いつも途中で送信されちゃう…(・_・;
    我が家のチワワンも3月で3歳になります。にいちゃんと一緒です。
    これからもいち、にいちゃんのかわいいブログ楽しみにしています

    9:16 AM | 2014年1月14日
    • ichiかあさん

      何度でもコメント大歓迎です♪♪(^-^)

      10:21 AM | 2014年1月14日
  • 菜々子

    お久しぶりです。元不登校児の母です。
    普段はスマホで見てるんですが、スマホで文字打つのキライなのでなかなかコメントまでは至らず…。今日は時間があるのでPCから失礼します。
    辛いですよねー。うちもお姉ちゃんと同じようにダラダラ期(行くのか行かないのか不明なとき)が当然あって、その時が最高に辛かったです。学校にもしょっちゅう連絡しなきゃいけないし(涙。
    で、今日コメントしたのはお父さんのお話です。
    おそらくパパさん、うちの主人と同じようなタイプだと思います。というかたいがいの男の人ってそうだと思いますが。学校に行かない=そんなんじゃ社会じゃやっていけないetc…
    みんなそうだけど、行けるなら当然行ってるし、本当なら友達と楽しく過ごしたい時期なんだし、勉強含めて一番ヤバイと思ってるのが本人で、それでもどうしても朝になると行けないのが単なる怠けではない不登校なんですよね。
    でも、家庭に複雑な事情でもない限り、ましてや本人からの希望でもない限り、そういう所に入れようとしてはいけないと思います。だって苦しいのに、唯一いられる場所が自分の家なのに、親にまで見捨てられたと感じたら(そうではないんだけど)、自分は厄介者でどうしようもない人間なんだと思い込んでしまう。
    うちもよくそんな話で夜中まで主人と言い合いしました。で、それを感じ取る息子はさらに頑なになり…の悪循環。
    「学校に行かないならすぐに何かさせないといけない」という考えは危険だと思います。
    もちろん放ってけばいいってわけじゃないんです。行動するにふさわしい時期っていうのがあると思うんです。それはいつか本人が気付きます。
    とはいえかなり昔は学校に行かないなら家の手伝いさせてたんですよね。畑仕事だったり家事であったり、主婦が重労働だった時代はそれが生活だったので。
    現代の子って、物質的には恵まれているのかもしれませんけど、プレッシャーがすごいと思います。学校に行かなきゃいけない、夢を持たなきゃいけない、習い事しなきゃいけない(部活頑張らないといけない)、友達多くないといけない、彼氏(彼女)いないと恥ずかしい…つまりは他の人と違うとはじかれる(いじられる)から必死で周りに合わせなきゃいけない。一度失敗したらもう元に戻れないんじゃないかっていう恐怖。
    トモダチだの仲間だの親友だのって、群れて恐怖から逃れてるような…。
    いざ大人になってみると他人は他人でどうにかなるんですけどね。
    ああ、何書いていいのかこんがらがってきました(笑

    親もやめられないけど、子どももやめられないんですよね!
    息子に「なんで俺なんか産んだの?俺、産まれて来なきゃよかった」って言われたときは涙出ましたよ。
    まあ子どもにとっちゃお父さんとお母さんが好きで勝手に産んどいて、学校行けとか勉強しろとか勝手なんだよって話ですよね。
    ほんと、子育てって、生きるって難しい。

    脱線しました。
    我が家もまだまだ問題だらけなんですよーほんと白髪増えるわ。。。
    でも10年後はきっと笑ってますよ!絶対に!!
    お互いそう思って今日1日過ごしましょうね。

    1:04 PM | 2014年1月14日
    • ichiかあさん

      コメントありがとうございます。
      今日はお姉ちゃんが学校に行かず、
      先日体育に出席できた喜びから、わたしのいつもの心の準備が出来ておらず、
      なんで?なんで行かないのぉぉぉおっぉぉぉぉ!てなってしまいました。
      そんなとき、コメントを頂いて少し冷静になりました。
      ありがとうございます。
      そうそうお父さんの話しですね。
      男の人はみんなそうなのかな。
      実際に社会に出て会社で働いていて、そういうコたちの(適応障害とかで会社に来なくなる)尻拭いしたりしているのでしょう。
      そういう立場からするとそんな風に考えるのも当然かもしれませんね。
      わたしはお姉ちゃんがもし学校を辞めてしまったら、
      バイトでもなんでもして、(本人がしたがっているということもある)社会にもまれて、
      働くってことはどんだけ厳しいのか、感じて欲しいと思うし、成長してほしいと思っていますが、
      社会に迷惑がかかるのでそれはさせられないとお父さんは言います。
      夫婦の意見の相違で言い合いになって、言わなくてもいいことまで言って、
      ほんとに不登校だけじゃなくて、いろんなところがぐちゃぐちゃになっていくんだなって悲しくなっています。

      一部削除

      話は逸れたけど、
      >まあ子どもにとっちゃお父さんとお母さんが好きで勝手に産んどいて、学校行けとか勉強しろとか勝手なんだよって話ですよね。
      確かに!ってほんと戴いたコメントでお姉ちゃんの気持ちに寄り添えます。
      ありがたいです。
      10年後は笑いたいですね。
      今は苦しいよ。苦しいです。弱音はかっこ悪いけど、お姉ちゃんのがもっと苦しいのかもしれないけど、苦しい!!笑

      5:17 PM | 2014年1月14日
  • 菜々子

    まとまりのない駄文への返信、ありがとうございます。
    ichiかあさんも大変だったのですね。それでもこうして立派にお母さんやって、家庭を守っておられるなんて偉いです!
    思うんですけど、適応障害って、失礼な病名(?)ですよねー。
    国や価値観の違う世界じゃちっとも病気じゃない病気…っていうか、たまたまこの社会システムに馴染みにくくて生きづらいだけの状態なのにね。

    あと体育。うちの子は小学生の頃は少年団でバリバリレギュラーだったのに、体育の授業が大嫌いです。私もリレー選手とかだったけど、体育祭のノリが大キライでした。
    最近よく話題になる「集団行動」、あれなんか特にイヤです(笑)
    そりゃ見てれば「すげー」って感じですけど、まるで北朝鮮…ぼそっ。
    まあ好きでやってる人には申し訳ない、どうぞ頑張ってって感じですけど、最近学校の体育祭で取り入れられてきているのに違和感ありまくりです。
    先日テレビで特集やってたのをちょこっと見たんですけど、ああいうのやって感動の涙流した人達が体育の先生になっていくわけで、そりゃ連帯命!限界まで頑張れ!やればできるんだ!の体育教師が増えるるわけだ・・・と。
    そもそも体育なんて軍国主義の名残で楽しいもんじゃないですよ。
    (最近の吹奏楽ブームにも言えますねぇ)

    またまた脱線しました(笑)
    最後になりますが、個人的には今後学校教育は変わらざるを得ないと思っています。
    なぜならグローバルな時代だから。
    きっと頭の固い大人は取り残されていくでしょう。
    希望を込めて以下のサイトを紹介しますね。
    http://wired.jp/2013/01/02/vol5-sugatamitra/?fb_action_ids=123515667817122&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%7B%22123515667817122%22%3A244045372394604%7D&action_type_map=%7B%22123515667817122%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D

    7:54 PM | 2014年1月14日
  • さくら

    はじめまして

    2月6日に7カ月1.4キロのmix(イタグレ×チワワほとんどチワワですが)
    の避妊手術をしたのですが
    心配で心配で色々調べてこちらのブログを発見し
    とてもお世話になりました。

    これからゆっくりとさかのぼりイチちゃんとニィちゃんとの楽しい日々を読ませていただこうお思っております。

    避妊手術の近くのブログを読んだときにおねーちゃんの絵をupしていましたよね。
    そこには女の子の泣いている絵がupされていて
    お母さんとしては楽しい絵を描いてくれたらなぁなんて書いてありましたが
    (私も20歳と16歳の子持ちです)気持ちはわかります
    でもとてもすばらしい才能だと思いました。
    きっと大好きな絵を楽しんで書いていたことでしょう。

    親って辛いことも多いですよね。
    二十歳になった息子の事でもまだまだ辛い事や心配事ばかりです。
    「学校に行く」
    それも大事なことだと思いますが
    娘さん本人が少しでも楽しい日々を送っていけることを祈ってます。

    10:56 AM | 2014年2月9日
    • ichiかあさん

      はじめまして。避妊手術経過はいかがですか。
      そうそう親ってなんの修行かと思うことも多いですよね笑
      きっとこれからもずっとそうなんですね。
      お母さん役お互いがんばりましょう。^_^

      9:32 AM | 2014年2月17日
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

     | HOME |